みずとつち

みなさま

 

新しい展示のごあんないです。

2017年11月14日 火曜日より、11月19日 日曜日(最終日は20時)まで、

小林香子(こばやし きょうこ)氏の展示を開催します。

小林香子展「水のにおい」

 

Gallery Café 3 #073 小林香子展
水のにおい
今回の展示は小林香子さんの世界にご案内します。

薄く溶いた岩絵の具や墨が和紙に滲んで生まれる光景は、

どこか風化した岩場や幾重にも重なる地層にも見えます。

作者である小林香子さんが描くその情景は、鑑賞者の中にある記憶や感覚と、

どの様に混じるでしょうか。どんな香りを孕むのか。

ぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

3で初の個展となる、小林香子さん。

早くも、会期は残すところ3日となりました。

今回は、100号の大作も3にひろがっています。

画面から漂うのは、気の遠くなるような時間のなかで堆積したり、流されたりしながら

現れる大地や、宇宙の痕跡のような「大きな流れ」です。

この大きなながれを小林さんは、水と例えているのではないかと店主は思います。

一見すると、土や、石を思わせる画面は、本当にざらざらとしています。

実際、泥絵の具とも呼ばれる、日本画の画材「水干絵の具」も、

小林さんは、岩絵の具とともに使っています。

この岩絵の具は、本来鉱物ですから、水や大地の力を借りて、

「日本画」(その定義は他にもあるかもしれませんが)と呼ばれる表現はなされているのですから、

その風合いが、深い大地を感じさせるのはある意味当たり前のことなのかもしれません。

塗り籠めた絵の具を、洗い流したりこすったりしながら生みだされる画肌。

彼女が感じる色やにおいが、和紙の画面にどのように写しとられ、定着しているのか、

視界一杯に広がる、大きな作品や虫眼鏡を使いたくなる小さな作品もそれぞれに

ぜひ、味わいにいらしてください。

 

今月の3は、日本画の表現者が続きます。

小林香子さんのつぎは、杉村朋実さん。

実はみなさん、先週まで展示を開催してくださった大石真里江さんと

同じ研究室で、切磋琢磨してきた仲間でもあるのです。

それぞれに描くものは違いますが、描く事に誠実な姿は変わりません。

学生時代からお互いのエゴや、技術を観たり感じたり、

精神的なつながりばかりだけではなく、手を(躰を)動かす中で、

それぞれの表現を培って来た3人が、3で表現をしてくださることにも

店主は喜びを感じます。

 

※作品はもちろん販売しています。

人生のパートナーとして、生活の中でこそ「表現」は活かされます。

選ばされる「買い物」ではなく、それが表現者の生き方を支持する「表現」となる、

自ら考え感じ、受け入れて「購入」するアートをぜひ、ご体験いただきたいと思います。

 

小林香子さんの作品をちらりと。(色合いは実際とは異なります)

小林香子作品 「水のにおい」12,000円(税込)

 

小林香子作品 「穴」30,000円(税込)

 

展示風景(部分)

 

 

3のこれから!

つづいて

2017年11月21日 火曜日より、11月26日 日曜日まで、

杉村朋実(すぎむら ともみ)氏の展示を開催予定です。

杉村朋実展「こころ覚えを記す」

 

 

2017年11月28日 火曜日より、12月10日 日曜日まで、

ふじやしおり氏の展示を開催予定です。

ふじやしおり展「ヤギの実る木」

 

 

12月も、まだまだ展示はつづきますよ!

2017年12月12日 火曜日より、12月17日 日曜日まで、

稲田明日香氏の展示を開催予定です。

稲田明日香展「story」

 

 

2017年をしめくくっていただくのは、

2017年12月19日 火曜日より、12月29日 金曜日まで、

金澤郁弥氏の展示を開催予定です。

金澤郁弥展「さざなみ」

 

 

 

イベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

今回の、小林香子展の「o3nji」は。

「雪塩のキャラメルパウンドケーキ」です!

担当よりひとこと。

地層をイメージさせる香子さんの作品はキャラメル色。

濃厚な生キャラメルをかけて、召し上がっていただきます。

 

 

最後に!

3では、2018-19年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


小林香子展「水のにおい」

みなさま

 

新しい展示のごあんないです。

2017年11月14日 火曜日より、11月19日 日曜日(最終日は20時)まで、

小林香子(こばやし きょうこ)氏の展示を開催します。

小林香子展「水のにおい」

 

Gallery Café 3 #073 小林香子展
水のにおい
今回の展示は小林香子さんの世界にご案内します。

薄く溶いた岩絵の具や墨が和紙に滲んで生まれる光景は、

どこか風化した岩場や幾重にも重なる地層にも見えます。

作者である小林香子さんが描くその情景は、鑑賞者の中にある記憶や感覚と、

どの様に混じるでしょうか。どんな香りを孕むのか。

ぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

 

3のこれから!

つづいて

2017年11月21日 火曜日より、11月26日 日曜日まで、

杉村朋実(すぎむら ともみ)氏の展示を開催予定です。

杉村朋実展「こころ覚えを記す」を予定しています。

 

 

2017年11月28日 火曜日より、12月10日 日曜日まで、

ふじやしおり氏の展示を開催予定です。

ふじやしおり展「ヤギの実る木」を予定しています。

 

 

イベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

 

最後に!

3では、2018-19年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール


にどあることは

みなさま

 

おわび。

3のホームページトップ画面の日付表示に誤りがありました。

大石真里江さんの展示期間は2017年11月12日(日)までです。

大変失礼いたしました。訂正させていただきます。

 

展示のごあんないです。

2017年10月31日 水曜日より、11月12日 日曜日(最終日は20時)まで、

大石真里江(おおいし まりえ)氏の展示を開催中です。

大石真里江展「3³」

 

大石真里江(おおいし まりえ)

埼玉県生まれ

2014 武蔵野美術大学造形学部日本画学科 卒業

 

さて、

11月4日 土曜日は、いつも楽しい、taeさんの「1日お菓子屋さん chanvre」でした。

今回もたくさんのみなさまにお楽しみいただきました。

展示作者、大石さんも大ファンの chanvre のお菓子。

美味しいもので幸せになるのは本当に素敵なことです。

人を幸せにできる食も、やっぱり表現だなと改めて思う店主です。

ご参加いただいたみなさま、taeさんにも感謝です。

次回は、寒い季節2月頃を予定しています。お楽しみに!

 

今回のメニュウをちらり。

写真は大石真里江さん。

現在の展示には、イベントのまつわる画もあるのです。

今回はこれでした!

これは画の部分です。どんな画なのかは是非確かめにいらしてください!

もちろん、続くイベント

マニフィックのイメージスムージーにまつわる作品もございます!

それはぜひ、スムージーをお楽しみいただきながらご覧ください!

11月11日 土曜日は!

Magnifique! Special Smoothie for 大石真里江展「3³

15時〜22時(L.O.21時半)

こちらもお楽しみに!

 

そして!ニュウス!

今週ももちろん、大石真里江展開催中です!

なんと、新たに画が2点加わりました!

ますます、バラエティに富んだ展示になっています。

すでにご覧いただいたみなさまも、これからのみなさまもぜひ!

高円寺でお待ちしています。

✻ 作品は販売しています。お気に入りの作品がありましたらお気軽にお尋ねください!

 

お礼。

先日11/5まで開催いたしました、

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展

濱崎仁精展 貝殻とうみの上をはしる電車

西小山 Parque にてのPart 2 へたくさんのご参加ありがとうございます。

今回は、Parqueオーナーのご好意で、急遽期間をご延長いただき、

より多くのみなさまに、濱崎さんの世界をご覧いただきました。

オーナーご夫妻にも感謝致します。

また、濱崎さんの活動はこれからも続きます。3でもご紹介続けますので

ぜひ、彼のこれからにもご注目ください!

濱崎仁精(はまさき まさきよ)さんの情報はこちら!

http://www.facebook.com/masakiyoiro3

 

素敵なお店、

西小山 Parque→うつわと、暮らしの道具 Parque(パルケ)では

いつも楽しく嬉しいイベントを開催しています。

ぜひ、お出かけください!

 

これからの3!

11月の3も展示は盛りだくさんです!

続々ご案内します。

今月は、日本画学科出身の作家がつづきます!

 

大石真里江さんにつづいて、

2017年11月14日 火曜日より、11月19日 日曜日まで、

小林香子(こばやし きょうこ)氏の展示を開催予定しています。

小林香子展「水のにおい」お楽しみに。

 

 

さらに!

2017年11月21日 火曜日より、11月26日 日曜日まで、

杉村朋実(すぎむら ともみ)氏の展示を開催予定しています。

杉村朋実展「こころ覚えを記す」お楽しみに。

 

 

イベント開催、作家在廊などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

News! 

3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018-19年のギャラリー展示作家を大募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

実はこれ、今回の芳名帳の写真なのです。

図書カード、懐かしいですね。店主は最近よく図書館行きますけれども。

こんなカードはもう使っていませんよね。

大石真里江さんの3での展示履歴が記載されています。

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 


みなさま

 

展示のごあんないです。

2017年10月31日 水曜日より、11月12日 日曜日(最終日は20時)まで、

大石真里江(おおいし まりえ)氏の展示を開催中です。

大石真里江展「3³」

 

大石真里江(おおいし まりえ)

埼玉県生まれ

2014 武蔵野美術大学造形学部日本画学科 卒業

 

気がつけば、

3の変遷にすべて、発表が重なっている大石真里江さんです。

初代3、仮3、現在の(3代目)3とつねに3の空間を彩ってくださっている数少ない作家の1人です。

今回は本当に、「自由」に描ききっていただいています。

大きな作品から、小品まで、画のモチーフも様々。

「大石の画はこんな感じ」と想像のつく表現にはとどまりたくない!という真里江さんの

バラエティに富んだ、画に対する姿勢が感じられます。

ある意味、「コンセプト偏重」の表現に対する、メッセージとも店主は感じますが、

まず表現者自身が、描きたいものを描くという当たり前の事を、

素直に、出していただいています。

表現者の仕事こそ、社会にもっとつながり、生活の中に交じってもらいたいと

願っている店主です。

社会に対する、おおきな批判や、告発のような作品も大切と思いますが、

その一方で、

表現者が素直に描いた、描きたいもの(こと)にはやはり、

受け手も素直にすっきりとした魅力を感じるなあと思う店主であります。

今回は、3のイベントにもまつわる作品もあります。こちらは見てのお楽しみ。

大石真里江さんの世界、ぜひ味わっていただきたいと思います。

 

ちなみに、今回のタイトルは、

3で3回目の展示という意味のようですが、

きっとこれからも、発表し続けてくださると期待しています。

(注、タイトルの文字は特殊文字ですのでご覧いただく環境によっては正確に表示されない場合があります)

 

※期間中イベントを予定しています。

11月4日 土曜日は、おまちかね、

taeさんの「1日お菓子屋さん chanvre」

15時〜売り切れまで。

「1日お菓子屋さん:chanvre」

15時から、売り切れごめんです。

 

11月11日 土曜日は、おなじみ、

マニフィックのイメージスムージです。

Magnifique! Special Smoothie for 大石真里江展「3³

15時〜22時(L.O.21時半) 

写真は以前の、スムージーです。

3のブログツイッターフェイスブック等でもおしらせします

 

朗報です!

急遽開催延長決定!

2017年10月18日 水曜日より、10月29日 日曜日まで。

2017年11月5日 日曜日まで!ぜひご覧ください!!!

 

西小山 Parque にて。→うつわと、暮らしの道具 Parque(パルケ)

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 2

 

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展

濱崎仁精展 貝殻とうみの上をはしる電車

 

今回の展示は高円寺Gallery Cafe 3と西小山parqueの恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら

楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、”日常”からこぼれ落ちる

些細で儚い”思い”が刻まれています。

画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。

また、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、

作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

 

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?

濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。

小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、

どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。

猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、

時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 

濱崎仁精(はまさき まさきよ)

尾道市生まれ

 

http://www.facebook.com/masakiyoiro3

 

さて、

29日まで開催いたしました、

林 明日美展「羽ばたかずに飛ぶ鷗」へたくさんのみなさまご来廊いただきました。

ありがとうございます。

林さんにとって、初の動画作品発表の機会を3にいただけた事、改めてありがたく思います。

台風にも毎週末みまわれ、足元のわるい中たくさんのみなさまにおいでいただけたのも

林さんの「表現者としての生き方」が支持されているのだなと店主はあらためて思いました。

おいでいただいたみなさま、林 明日美さん、そして制作にかかわったみなさまに感謝です。

なお、早くも林さんは次の個展をひかえています!

店主もお世話になっています、小伝馬町の「JINEN GALLERY」にて、

12月の予定だそうです。

さらに!
現在(11月5日 日曜まで)田中涼子さんの個展も同じJINEN GALLERY にて開催中です!

田中涼子さんは、昨年は林 明日美さんとともに、今年6月は個展を3で開催してくださいました。

詳細は→こちら!

 

スクリーンもオリジナルに作った上映会の様子。

作品についてのお話も交えて、終始なごやかなムードでした。

貸切の時間帯にご迷惑をおかけしたみなさまには、すみませんでした。

 

映像作品からのワンシーン(画面の比率は変えてあります。)

印象的な、ノルウェイのフィヨルドの光景。

 

これからの3!

11月の3も展示は盛りだくさんです!

続々ご案内します。

今月は、日本画学科出身の作家がつづきます!

 

大石真里江さんにつづいて、

2017年11月14日 火曜日より、11月19日 日曜日まで、

小林香子(こばやし きょうこ)氏の展示を開催予定しています。

小林香子展「水のにおい」お楽しみに。

 

 

さらに!

2017年11月21日 火曜日より、11月26日 日曜日まで、

杉村朋実(すぎむら ともみ)氏の展示を開催予定しています。

杉村朋実展「こころ覚えを記す」お楽しみに。

 

 

イベント開催、作家在廊などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

News! 

3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018-19年のギャラリー展示作家を大募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


うみとフィヨルド

みなさま

 

展示のごあんないです。

2017年10月17日 水曜日より、10月29日 日曜日(最終日は20時)まで、

林 明日美(はやし あすみ)氏の展示を開催中です。

林 明日美展「羽ばたかずに飛ぶ鷗」

 

※期間中イベントを予定(予約制)しています。

 

林 明日美 映像作品「記憶の夢」上映会

日程 2017年 10月27日 金曜日、28日 土曜日

時間 18時から20時

このイベントは、林 明日美さんのノルウェイ滞在制作について行われた、

クラウドファンディングへご参加いただいた

コレクター(出資者)のみなさまを対象に開催いたします。

 

両日の上映時間の間は貸切となります。

狭い会場のため、多くのみなさまと同時に鑑賞することがむつかしく、

ご迷惑をおかけする事もあろうかと思いますが、

どうぞご理解と、ご協力をお願いします。

両日とも、下記時間以外は、もちろん作品鑑賞をしていただけますので、

お出かけのお時間をぜひご確認いただきまして、お越しください。

どうぞよろしくお願いします。

3のブログツイッターフェイスブック等でもおしらせします

 

林 明日美(はやし あすみ)

東京都出身

武蔵野美術大学油絵学科版画コース卒業

武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了

 

個展、グループ展多数。

 

林さんのウェブサイト→こちら

 

 

さて、

先週から、3にまつわる展示が2つ始まっています。

どちらも、ぜひぜひご覧いただきたい展示です。

 

ひとつは、もちろん林 明日美さんの展示、

「羽ばたかずに飛ぶ鷗」です。

 

実は、3での個展は今回初となります。

何度もお伝えしていますが、

彼女は今年の夏に、ノルウェイに趣き滞在制作を経験されました。

自ら、インターネットを通じて(クラウドファンディング)広く資金を募り、

制作にあてる費用を、多くの支援者に支えられて集めました。

未知の環境で、自らに向き合い制作をされてきました。

長く、林さんの活動を見守り続けているみなさまにも、

今回初めて、彼女の世界に触れるみなさまにも、

きっと印象に残る作品になっていると店主は思います。

そして!彼女が書いた、フィヨルドの風景が目に浮かぶ、

滞在制作中の奮闘記が3でお読みいただけます!

この、ダイアリーもそうですが、

滞在中にも、定期的にレポートを公開されてきましたし、

きちんと記録を届けるという真摯な姿勢も、林 明日美さんの素晴らしい点で、魅力とも思います。

自分の仕事に誠実に向き合っている彼女だからこそ、

多くの賛同をいただいたのではないかと、店主は思っています。

この滞在制作は、これからの林さんにとっても有意義なことと思います。

映像作品(アニメーション)や、クラウドファンディングへのチャレンジというような、

冒険心を失わず制作を続ける、これからの林さんに期待しています。

変化の只中にいる、林 明日美さんの世界をぜひ、ご体験いただきたいと思います。

現在、3の会場では映像作品に使われた版画作品も同時にご覧いただいいます。

もちろん、作品は販売しています。お気軽にお声かけください!

 

林 明日美映像作品「記憶の夢」より抜粋。

(映像の部分です 色合いは実際とは異なります)

 

 

そして、もう一つは!

今月、前半から続くGallery Cafe 3 と 西小山のギャラリー Parqueとの恊働企画、

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」です!

 

こちらも、もう何度もご案内中ですが、

長く、3で展示を続けてくださっている、濱崎仁精さんの世界をよりたくさんの方々に

知っていただきたいという思いで企画している展覧会です。

ご協力いただいている、東急目黒線西小山駅から徒歩4分の、Parque(パルケ)は、

本当に素敵な場所です。木造の古い写真館あとをリノベーションしている、

初めて訪れても、懐かしい空間です。

今回の展示は、不肖私、3店主が中心となり、

濱崎さんの画のセレクション、設営を担当させていただきました。

濱崎さんにとって人に作品を委ねることは、初めての事と思いますが、

店主にとっても、3以外の場所で作家の作品を任せていただくという事も、

初のチャレンジであります。前半part 1 では、Parque オーナーのお二人に、

素敵な内容で展示いただきましたから、今回店主はかなりプレッシャーがありましたが、

濱崎作品の魅力のおかげで、とても楽しい展示になっていると自負しています!

1階、2階と会場はありますが、壁ごとに雰囲気の違う世界に演出しました。

器を選ぶように、画を選べる工夫もしています。

普段の目線では見つからない場所にも、濱崎さんの作品がありますので、

じっくりゆっくり、お楽しみください!

初めて、濱崎作品の世界をご覧いただくみなさまにも、

ずっと、彼を応援していただいているみなさまにもぜひ、ご覧いただきたいと思います。

Parqueには、日常使いのできる質の高い作家たちの器と道具があります。

そんな、生活の中でともに過ごすパートナーを選ぶように、

濱崎さんの画たちとも出会っていただきたいと思います。

Parqueの空間だからこそ、見えてくる濱崎作品の魅力があるはずです。

作品はもちろん販売していますので、人柄も素敵なParqueのお二人にぜひお声かけください!

 

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 2

 

2017年10月18日 水曜日より、10月29日 日曜日までは、

注!23日、24日は定休日です!

西小山 Parque にて開催中です!→うつわと、暮らしの道具 Parque(パルケ)

展示風景をちらり。

あの、妖精たちもいます。

実は、今回特別にParqueにて「o3nji」も置かせていただいています。

Parqueでも美味しい珈琲(あのぐりこーひーの、オリジナルブレンドです)のおともに

ぜひお楽しみください。

 

黒ネコ白ネコクッキーなど。

どうぞよろしくお願いします!

 

11月の3も展示は盛りだくさんです!

続々ご案内しますが、

まずは、

2017年10月31日 火曜日より、11月12日 日曜日まで、

大石真里江(おおいし まりえ)氏の展示を開催予定しています。

大石真里江展「3³」お楽しみに。

 

 

つづいて、

2017年11月14日 火曜日より、11月19日 日曜日まで、

小林香子(こばやし きょうこ)氏の展示を開催予定しています。

小林香子展「水のにおい」お楽しみに。

 

 

イベント開催、作家在廊などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

News! 

3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018-19年のギャラリー展示作家を大募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うみからつづくところ

みなさま

 

新しい展示のごあんないです。

2017年10月17日 水曜日より、10月29日 日曜日(最終日は20時)まで、

林 明日美(はやし あすみ)氏の展示を開催予定です。

林 明日美展「羽ばたかずに飛ぶ鷗」

 

Gallery Café 3 #071
羽ばたかずに飛ぶ鷗
今回の展示は林 明日美さんの世界にご案内します。

この夏、ノルウェイでの滞在制作を経験された林 明日美さん。

自ら制作資金を集め、未知の環境で、銅版画(メゾチント技法)の魅力を

映像作品として昇華する事に挑戦してきました。

その成果を3にて、発表していただく機会に恵まれました。

ぜひご覧いただきたいと思います。

 

※期間中イベントを予定(予約制)しています。

詳しくは、近日中にお知らせします

3のブログツイッターフェイスブック等でもおしらせします

 

林 明日美(はやし あすみ)

東京都出身

武蔵野美術大学油絵学科版画コース卒業

武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了

 

個展、グループ展多数。

 

blog /http://kamenokoblog.blogspot.jp

 

ご存知の方も多いと思いますが、

いつも精力的に制作、発表活動をつづけている林 明日美さんは、

先般、クラウドファンディングにて、制作の資金を多くのみなさんにご支援いだだき、

未知の世界、ノルウェイで滞在制作をされてきました。

その内容は、独特な魅力あふれる銅版画(メゾチント技法)の世界観を、

アニメーションの技法を使って、表現するというものです。

はたしてどのような、作品になるのでしょうか。

映像の上映は、3では久しぶりですので、店主もやや緊張しております。

上映会も予定しておりますが、狭い会場ですので、

ご迷惑をおかけする場面もあろうかと思います。

どうぞご理解、ご協力をお願いします。

 

もちろん、

今回の展示にも、林 明日美さんの素敵な版画作品も発表していただきます。

映像作品もですが、メゾチントの深淵な黒を楽しんでいただきたいと思います。

気に入った作品はご購入いただけます。

お声かけお待ちしています。

 

今回の「o3nji」は、

林 明日美さんが滞在制作をされた、ノルウェイにゆかりのある

スイーツになる予定です!こちらもお楽しみに。

 

さて、

15日間で開催いたしました、濱崎仁精展ですが、

おかげさまで好評のうちに3でのpart 1 は終了いたしました。

ご参加いただいた、みなさまありがとうございます。

以下にも、おしらせしていますが。

今回の展示は、前半後半と2会場で開催されるものです。

展示内容は、3のものとは基本的に異なります。

一部、人気のあった作品などは、違った環境で展示します。

3での鑑賞とはまたことなる不思議な魅力を感じていただけることでしょう。

Parqueの温もりある空間で、「お気に入り」を見つけるように

濱崎さんの画と出会っていただきたいと思います。

是非お出かけください!

 

 

期間中開催いたしました、マニフィックのイメージスムージー。

今回も美味しい秋の味でした。

お楽しみいただけましたか?

ご協力いただいた、濱崎さん、マニフィックのシライさんありがとうございます。

 

おしらせ。

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 2

 

2017年10月18日 水曜日より、10月29日 日曜日までは、

西小山 Parque にて開催です!→うつわと、暮らしの道具 Parque(パルケ)

 

今回の展示は高円寺 Gallery Cafe 3と西小山 Parqueの恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら

楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、「日常」からこぼれ落ちる些細で儚い「思い」が刻まれています。

画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。

また、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、

作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。

 

 

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?

濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。

小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、

どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。

猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、

時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 

 

11月の3も展示は盛りだくさんです!

続々ご案内しますが、

まずは、

2017年10月31日 火曜日より、11月12日 日曜日まで、

大石真里江(おおいし まりえ)氏の展示を開催予定です。

大石真里江展「3³」を予定しています。

 

 

イベント開催、作家在廊などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

News! 

3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


かいがらとうみとねことでんしゃ

みなさま

 

展示のごあんないです。

 

2017年10月3日 火曜日より、10月15日 日曜日(最終日は20時)まで、

濱崎仁精(はまさき まさきよ)氏の展示を開催しています。

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 1

 

2017年10月18日 水曜日より、10月29日 日曜日までは、

西小山 Parque にて開催予定です!→うつわと、暮らしの道具 Parque(パルケ)

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 2

 

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展

濱崎仁精展 貝殻とうみの上をはしる電車

 

今回の展示は高円寺Gallery Cafe 3と西小山parqueの恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら

楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、”日常”からこぼれ落ちる些細で儚い”思い”が刻まれています。

画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。

また、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、

作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。

 

 

つづいて、Part 2のご案内です。

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?

濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。

小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、

どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。

猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、

時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 

期間中イベントがございます。

サプライズイベントもあるかもしれません。

お楽しみに。

 

10/14 土曜日のイベントは!おなじみマニフィックのイメージスムージです。

Magnifique! Special Smoothie for 濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」

15〜22時(L.O.21時半) 

おなじみ、マニフィック!のスペシャルスムージー、

今回は角谷郁恵展につづき、濱崎仁精作品をイメージしたスムージーをみなさまにご案内します。

作品鑑賞とともにぜひお楽しみください!

 

さて、

濱崎仁精さんとの出会いは、

もうずいぶんと前になりますが、知り合ってからはあっという間のような気がします。

3がオープンして以来毎年のように展示をしていただいています。

人見将さん、阿部桐子さんとともに3にはかかせない作家の1人です。

 

今回の展示では、濱崎さんを応援してくださっているみなさまから、

「いつもと雰囲気が違いますね」

「濱崎さんの展示でないのかと思った。」

といった、感想も良く耳にします。

ある意味今回の企画の狙い通りなのですが、冒頭でも説明の通り、今回の画の選出、演出は、

西小山の素敵なギャラリーParque のオーナーお二人によるものです。

濱崎さんも当然、搬入の際には同席されてはいましたが、設営をじっとがまんして、

見ていただいておりました。

店主は、いずれ濱崎さんはこのような形で、

人にゆだねる展示をもっともっとしてゆくことになるだろう、と思っています。

優れた音楽や、演劇がその時代を代表する演出で何度も何度も、演奏、上演されるように

絵画も、何度も死んだと言われつつ、つねに眼前に世界への窓として存在しつづけています。

すぐれた作品は、違う演出、違う場所でなんども新鮮なおどろきをあたえてくれます。

今回の企画が、どんな影響を濱崎さんにあたえるのかまだわかりません。

後半の、展示は3店主である、私が Parque の演出させていただきます。

今回は、見せる側、造る側もチャレンジをしてみようという事です。

ごらんいただくみなさまには、そんな裏話は関係なく、

濱崎さんの世界に、素直に出会っていただきたいと思っていますが。

これは、ブログを読んでいただいているみなさまへの内緒話です。

15日まで、あとわずかな時間となりました。

ぜひ、高円寺 Gallry Cafe 3での展示ご覧いただきたいと思います。

そして、西小山 Parque での、part 2もつづけてご覧ください!

よろしくお願いします。

 

展示作品の一部ご紹介。

画の色合いは実際と異なります。画像は作品の一部分です。

濱崎仁精作品「ときどきようすを伺う」46,800円(税込)

 

濱崎仁精作品「うみに帰そうかと思っている」41,800円(税込)

 

濱崎仁精作品「電車」43,500円(税込)

 

作品はすべて販売しています。

気になるものがありましたら、お声かけください。

リストもご用意しています。

味のあるタイトルと画を探しながらぜひご覧ください。

 

そして、

ごあんない中の、濱崎仁精展に続いては

この夏、ノルウェイでの滞在制作を終えた、

林明日美さんが、その成果を先週までの展示

代官山「Gallery 子の星」での展示につづいて、3でも発表していただけます!

2017年10月17日 火曜日より、10月29日 日曜日まで、

林 明日美(はやし あすみ)氏の展示を開催予定です。

林 明日美展「羽ばたかずに飛ぶ鷗」

 

ご存知の方も多いと思いますが、

いつも精力的に制作、発表活動をつづけている林明日美さんは、

先般、クラウドファンディングにて、制作の資金を多くのみなさんにご支援いだだき、

未知の世界、ノルウェイで滞在制作をされてきました。

その内容は、独特な魅力あふれる銅版画(メゾチント技法)の世界観を、

アニメーションの技法を使って、表現するというものです。

はたしてどのような、作品になるのでしょうか。

映像の上映は、3では久しぶりですので、店主もやや緊張しております。

上映会も予定しておりますが、狭い会場ですので、

ご迷惑をおかけする場面もあろうかと思います。

どうぞご理解、ご協力をお願いします。

 

期間中、イベント(ご予約制)を開催予定です。

詳しくは、近日中にお知らせします。

 

 

イベント開催、作家在廊などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

News! 

3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


あたらしいつきに

みなさま

 

新しい展示のごあんないです。

 

2017年10月3日 火曜日より、10月15日 日曜日(最終日は20時)まで、

濱崎仁精(はまさき まさきよ)氏の展示を開催しています。

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 1

 

2017年10月18日 水曜日より、10月29日 日曜日までは、

西小山 Parque にて開催予定です!→うつわと、暮らしの道具 Parque(パルケ)

濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」Part 2

 

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展

濱崎仁精展 貝殻とうみの上をはしる電車

 

今回の展示は高円寺Gallery Cafe 3と西小山parqueの恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら

楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、”日常”からこぼれ落ちる些細で儚い”思い”が刻まれています。

画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。

また、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、

作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

 

つづいて、Part 2のご案内です。

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?

濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。

小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、

どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。

猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、

時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 

 

さて、

今回の展示は、いつも3をたくさんの画で彩ってくださる濱崎仁精さんの展示を、

いつもお世話になっています、西小山の素敵なギャラリー「parque(パルケ)」さんとの

恊働企画展としてごあんないしたいと思います。

あえて、「協働」ではなく、「恊働」としたのは、

昨年の企画段階から、Parqueオーナーのお二人と、作者濱崎さんも交えて、

濱崎さんの世界をもっともっとたくさんのみなさまに届けたい、という思いを、

心から共感しながらお話しを続けてきたからです。

店主同士が、それぞれの場所を入れ替えて演出するという内容も

濱崎さん自身にも、自分の画の魅力を再発見してもらいたいという思いから。

高円寺と西小山、少し離れてはいますが、

それぞれの場所で、それぞれに出会うというつながりごと

濱崎仁精展をお楽しみいただけたら、大変嬉しく思います。

そして、ぜひ濱崎作品とともに暮らす豊かさを想像しながら、

画から響く声に耳をすませてください。

 

期間中イベントがございます。

サプライズイベントもあるかもしれません。

お楽しみに。

 

10/14 土曜日

Magnifique! Special Smoothie for 濱崎仁精展「貝殻とうみの上をはしる電車」

15〜22時(L.O.21時半) 

おなじみ、マニフィック!のスペシャルスムージー、

今回は角谷郁恵展につづき、濱崎仁精作品をイメージしたスムージーをみなさまにご案内します。

作品鑑賞とともにぜひお楽しみください!

 

 

そして、

9月をふりかえっって。

このひと月は、濃厚な一ヶ月でした。

大つかあゆ展の線と面の繊細な世界から始まり、

奥ゆき子展のダイナミックな抽象画とライブペインティング、

村上万葉展では、生命(感)とは?という不確かな境界を考察し、

角谷郁恵展では、石という存在を通して、伝えることと伝わることの難しさに触れ、

毎日、あっという間でした。

中之条ビエンナーレへも訪れ、

表現者の、湧き出るような思いとその表現、

苦闘とも言える熱量に触れました。

表現者たちの作品に擦過しただけの経験が

果たしてどれだけの感覚を自由にできたのかわかりません。

しかし、その只中にいることがやはり面白いことだなと

ひとりごちている店主であります。

 

3でも展示内容の勢いは、今月も続きますが、

少し、時間をゆっくりにして、場所と時間を味わう展示を

2つごあんないしたいと思います。

ごあんない中の、濱崎仁精展に続いては

この夏、ノルウェイでの滞在制作を終えた、

林明日美さんが、その成果を先週までの展示

代官山「Gallery 子の星」での展示につづいて、

3でも発表していただけます!

2017年10月17日 火曜日より、10月29日 日曜日まで、

林 明日美(はやし あすみ)氏の展示を開催予定です。

林 明日美展「羽ばたかずに飛ぶ鷗」

 

期間中、イベント(ご予約制)を開催予定です。

詳しくは、近日中にお知らせします。

 

 

今月の3もぜひよろしくお願いします。

 

 

 

イベント開催、作家在廊などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

News! 

3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 


いしのなかに

みなさま

 

好評開催中!

2017年9月27日 水曜日より、10月1日 日曜日(最終日は20時)まで、

角谷郁恵(かくたに いくえ)氏の展示を開催しています。

角谷郁恵展「彩集」

 

Gallery Café 3 #070
彩集
今回の展示は角谷郁恵さんの世界にご案内します。

学生時代から石に惹かれているという角谷さん。

桂離宮で出会ったある石が、彼女の生き方にも影響を与えている様です。

石をモチーフにしつつ、記憶と原風景を包み込む様なオブジェへと昇華されています。

既視感に触れるような「石」たち。ぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

 

みなさま

 

秋の気配から、秋を楽しむのもそこそこにもうすぐ冬の予感がするこのごろです。

好評開催中の角谷郁恵展「彩集」もいよいよ最終日。

最終日には、イベントもご用意してみなさまをおまちしています。

20時までの営業となりますので、ご注意ください!

 

10/1 日曜日

Magnifique! Special Smoothie for 角田郁恵展「彩集」

15〜20時(L.O.19時半)

おなじみ、マニフィック!のスペシャルスムージー、

今回は角谷郁恵作品のイメージしたスムージーをみなさまにご案内します。

作品鑑賞とともにぜひお楽しみください!

 

さて、

今回の展示では、店主も考えさせられることが多くあります。

まだ、きちんと咀嚼できていませんが、

表現について、表現者の意図とその伝わり方(伝え方)について、です。

表現者の造るという行為の中に、どれだけ純粋な喜びがふくまれているのか、

はたしてそれは、本当に伝えたい事なのか。

作者の意図とは、違う捉え方を鑑賞者にされてしまう事は、茶飯事であり、

それが時として、発想の自由度を高めてくれる事もあります。

こうすれば良いという、答えのある事ではありません。

 

角谷郁恵さんが、デザイナーとして働いていたということもあり、

そのプレゼンテーション能力は、大変なものです。

しかし、どのような表現にも、

鑑賞者がもっている経験や知識が、それぞれの「見方」を生みますから、一様にとはゆきません。

当たり前のことですが、あらためてそう思います。

しかし、それこそが面白みであるとも思うのです。

 

また、

角谷郁恵さんにお持ちいただいた、

今回の展示へと繋がる制作ファイルもぜひ手にもって、ご覧いただきつつ、

「石」の魅力をじっくりと味わっていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

10月の展示ごあんない

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展
濱崎仁精(はまさき まさきよ)展 貝殻とうみの上をはしる電車

まず、Gallery Cafe 3 2017年10月3日 火曜日より15日 日曜日まで 

つづいて、Parque 2017年10月18日 水曜日より29日 日曜日まで 

 

今回の展示は高円寺Gallery Cafe 3と西小山 parque (パルケ)の恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、”日常”からこぼれ落ちる些細で儚い”思い”が刻まれています。

画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。

、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、

作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?

濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。

小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、

どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。

猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、

時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 


 

イベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 


さいしゅう

みなさま

 

好評開催中!

2017年9月27日 水曜日より、10月1日 日曜日(最終日は20時)まで、

角谷郁恵(かくたに いくえ)氏の展示を開催しています。

角谷郁恵展「彩集」

 

Gallery Café 3 #070
彩集
今回の展示は角谷郁恵さんの世界にご案内します。

学生時代から石に惹かれているという角谷さん。

桂離宮で出会ったある石が、彼女の生き方にも影響を与えている様です。

石をモチーフにしつつ、記憶と原風景を包み込む様なオブジェへと昇華されています。

既視感に触れるような「石」たち。ぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

先日は、臨時休業をさせていただき、

3でおなじみの人見将さんも参加している、

中之条ビエンナーレに参加してきました。

天候にも恵まれ、町に点在するアートに触れました。

ご迷惑をおかけしたみなさま、すみません。

 

中之条ビエンナーレを、慌ただしくではありますが、楽しませていただきました。

今回の人見さんは、ずっと作り続けて来た「イサマムラ写真室」のお披露目でした。

廃校になった学校の理科室を、時間をかけて作り上げた立派な写真室です。

今後も活用され、写真にまつわるワークショップなどとともに開かれた場所となるようです。

これから、ここで生まれる作品達が楽しみです。

 

 

さて、

すでに9/27より、角谷郁恵展「彩集」、好評開開催中です。

初日から、お仕事のつながりや、大学のつながり、角谷郁恵さんの生活の中で

育まれた、すてきなつながりのみなさまにも、ご覧いただいています。

彼女がどれだけ真摯に、いろいろなことと向き合って来たのかがうかがえる日々です。

個展での開催は初という、今回の展示もひとつひとつ、時間をかけて作られています。

彫刻でもあり、絵画でもある、丁寧に「彩集」された作品達を

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

作者との会話もぜひお楽しみください。

作品は販売しています。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ちなみに、今回の"o3nji"は、

角谷さんが今暮らしている、和歌山にちなんで、

梅を使ったメニュウになりました。

担当より、ひとこと。

今週のo3njiは、「ブランデー梅とチョコレートのパウンドケーキ」です。
桂離宮で出会ったある石が、作家の角谷さんの生き方にも影響を与えているとのこと。

その石は、紀州石と呼ばれ、日本庭園やお城の石垣に使われるものだそうです。
偶然にも、角谷さんは現在、紀州、現在の和歌山にお住まいだとか。
そういうことから、今回の展示にちなんだおやつは、和歌山の梅を使ったものを考えました。
ブランデーに漬け込んだ梅をジャムにし、チョコレート生地とともに焼きこみました。

梅ジャムを入れたチョコレートソースを添えて、ご提供いたします。

ちなみに、o3njiの情報は、インスタグラムでもご案内中です!→おさんじ

 

 

 

10月の展示ごあんない

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画展
濱崎仁精(はまさき まさきよ)展 貝殻とうみの上をはしる電車

まず、Gallery Cafe 3 2017年10月3日 火曜日より15日 日曜日まで 

つづいて、Parque 2017年10月18日 水曜日より29日 日曜日まで 

 

今回の展示は高円寺Gallery Cafe 3と西小山 parque (パルケ)の恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、”日常”からこぼれ落ちる些細で儚い”思い”が刻まれています。

画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。

、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、

作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?

濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。

小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、

どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。

猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、

時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 


 

イベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

最後に!

3では、2018年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

中之条ビエンナーレのサインより

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


| 1/54PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode