風とcircus

みなさま

しとしと秋の長雨でしょうか?
前回のご案内の通り、昨日9/24より、
膜ーtobari展「膜と、風」はじまっています。
共作での展示は3では初めてです。

3での展示は基本的に、個展での利用をお願いしています。
不器用な店主としては、ご紹介したい表現者をきちんとみなさまにお伝えするには、
大勢の表現者を一度にというのは、身に余る思いがあります。
3では、じっくりと自分の仕事を確かめるような時間を、
表現者に持っていただきたいですし、お客さまにも表現者の仕事に
より深く興味を持っていただけるようにつとめているつもりです。
グループショウの楽しさ、面白みも理解しているつもりですが、
多くの場合、企画意図が不明瞭な場合や、参加者の制作への取り組み方の違いからか、
表現者の仕事にふれるというより、お気に入りを見つけるような観方になりがちです。
膜―tobariのお2人は、展示計画などお話を伺ううちに、
お互いの意思疎通を、本当に表現を通して行える人たちなのだなと感じました。
ふたりでひとり。良く聞くフレーズですが、
膜―tobariのお2人にぴったりの言葉と感じ、展示をお願いしました。
言葉に頼らないコミュニケーション。
そんな事を、体験出来る展示になっていると思います。

29日日曜日までです。
みなさま、
今回の展示は短いですからお見のがしのないように!
お待ちしております。


展示内容は、お2人の部屋のようになっており、
あちこちに「風」をテーマにした、お2人=膜―tobariの
表現という会話が、壁面以外にもあふれています。
ぜひ、探してみてください。
みなさまとの会話も、お2人は考えています。
こちらの「風コーナー」では、コラージュの面白みを体験出来ます。

昨日はこんな気持ちが、残されてました。

好評販売中の、素敵なARTBOXも手にとってご覧いただけます。
こんな宝物をお持ち帰りになりませんか?

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

さて先日、
店主は久しぶりに中央線で国立にゆきました。
知人がオープンした、カフェをたずねたのです。
そのお店の名前は、「circus/サーカス」
夢のある名前です。どこかなつかしさを感じます。
いつも笑顔を思い出す、てるさんのお店です。

お店はとてもシンプルでゆったりとしています。
厨房にも外からの光が入り、明るく
壁の色は深く印象的で、落ち着いた空間です。
美味しいごはんをいただきました。
蒸し鶏のどんぶりごはん。ボリュームもたっぷりです。
スープもおいしかった。

器は、意外な場所で使われていたモノのようです。

手作りデザートもおいしく、大満足でした。
サーカスということばには、旅のイメージがあります。
何処か旅先で、出会った美味しさに似ていました。
みなさま、お近くにいらした際はぜひ。
定休日は、火曜日です。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode