みずとつち

みなさま

 

新しい展示のごあんないです。

2017年11月14日 火曜日より、11月19日 日曜日(最終日は20時)まで、

小林香子(こばやし きょうこ)氏の展示を開催します。

小林香子展「水のにおい」

 

Gallery Café 3 #073 小林香子展
水のにおい
今回の展示は小林香子さんの世界にご案内します。

薄く溶いた岩絵の具や墨が和紙に滲んで生まれる光景は、

どこか風化した岩場や幾重にも重なる地層にも見えます。

作者である小林香子さんが描くその情景は、鑑賞者の中にある記憶や感覚と、

どの様に混じるでしょうか。どんな香りを孕むのか。

ぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

3で初の個展となる、小林香子さん。

早くも、会期は残すところ3日となりました。

今回は、100号の大作も3にひろがっています。

画面から漂うのは、気の遠くなるような時間のなかで堆積したり、流されたりしながら

現れる大地や、宇宙の痕跡のような「大きな流れ」です。

この大きなながれを小林さんは、水と例えているのではないかと店主は思います。

一見すると、土や、石を思わせる画面は、本当にざらざらとしています。

実際、泥絵の具とも呼ばれる、日本画の画材「水干絵の具」も、

小林さんは、岩絵の具とともに使っています。

この岩絵の具は、本来鉱物ですから、水や大地の力を借りて、

「日本画」(その定義は他にもあるかもしれませんが)と呼ばれる表現はなされているのですから、

その風合いが、深い大地を感じさせるのはある意味当たり前のことなのかもしれません。

塗り籠めた絵の具を、洗い流したりこすったりしながら生みだされる画肌。

彼女が感じる色やにおいが、和紙の画面にどのように写しとられ、定着しているのか、

視界一杯に広がる、大きな作品や虫眼鏡を使いたくなる小さな作品もそれぞれに

ぜひ、味わいにいらしてください。

 

今月の3は、日本画の表現者が続きます。

小林香子さんのつぎは、杉村朋実さん。

実はみなさん、先週まで展示を開催してくださった大石真里江さんと

同じ研究室で、切磋琢磨してきた仲間でもあるのです。

それぞれに描くものは違いますが、描く事に誠実な姿は変わりません。

学生時代からお互いのエゴや、技術を観たり感じたり、

精神的なつながりばかりだけではなく、手を(躰を)動かす中で、

それぞれの表現を培って来た3人が、3で表現をしてくださることにも

店主は喜びを感じます。

 

※作品はもちろん販売しています。

人生のパートナーとして、生活の中でこそ「表現」は活かされます。

選ばされる「買い物」ではなく、それが表現者の生き方を支持する「表現」となる、

自ら考え感じ、受け入れて「購入」するアートをぜひ、ご体験いただきたいと思います。

 

小林香子さんの作品をちらりと。(色合いは実際とは異なります)

小林香子作品 「水のにおい」12,000円(税込)

 

小林香子作品 「穴」30,000円(税込)

 

展示風景(部分)

 

 

3のこれから!

つづいて

2017年11月21日 火曜日より、11月26日 日曜日まで、

杉村朋実(すぎむら ともみ)氏の展示を開催予定です。

杉村朋実展「こころ覚えを記す」

 

 

2017年11月28日 火曜日より、12月10日 日曜日まで、

ふじやしおり氏の展示を開催予定です。

ふじやしおり展「ヤギの実る木」

 

 

12月も、まだまだ展示はつづきますよ!

2017年12月12日 火曜日より、12月17日 日曜日まで、

稲田明日香氏の展示を開催予定です。

稲田明日香展「story」

 

 

2017年をしめくくっていただくのは、

2017年12月19日 火曜日より、12月29日 金曜日まで、

金澤郁弥氏の展示を開催予定です。

金澤郁弥展「さざなみ」

 

 

 

イベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

今回の、小林香子展の「o3nji」は。

「雪塩のキャラメルパウンドケーキ」です!

担当よりひとこと。

地層をイメージさせる香子さんの作品はキャラメル色。

濃厚な生キャラメルをかけて、召し上がっていただきます。

 

 

最後に!

3では、2018-19年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode