きりのむこうに

新しい展示のごあんない

 

2018年5月15日 火曜日より、5月20日 日曜日まで、

杉村朋実(すぎむら ともみ)氏の展示を開催します。

#085 杉村朋実展「栞をはさむ」

時間 15時から22時(最終日は20時まで)

 

今回の展示は、杉村朋実さんの世界にご案内します。

昨秋に続いて2回目の展示となる今回。

杉村さんが追いかけているのは、やはり眼には見えないものたちです。

雨の匂い、風の形、草木の揺れる音。

一瞬で過ぎ去ってしまうそれらを日記につけるように、

色のかたちに変えて我々に見せてくれます。

ぜひご覧いただきたいと思います。

 

杉村朋実 (すぎむら ともみ)
2014年 武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科 卒業

 

杉村朋実さんの世界をまた、みなさまにご案内できる事を嬉しく思います。

彼女の色には不思議な透明感があります。

紹介文にある通り、モチーフにしているのは形のないものだからかもしれません。

言葉を選びながら、静かに話す彼女の佇まいも

画の雰囲気と重なります。

詩的なタイトルもまた、みなさまに味わっていただきたいポイントの一つです。

どうぞ、高円寺へおでかけください!

 

 

 

さて、

先日、13日まで開催いたしました、

阿部桐子展「きっと霧だろう」へもたくさんのご参加ありがとうございます。

おかげさまで、今回もご好評のうちに終了いたしました。

ポポポ展の雰囲気とは違う描き方、そして毎回新しい事への挑戦と、

精力的に表現に向かっている阿部桐子さん。

ますますダイナミックになる筆遣いや、偶然をとりこむ力を今回も見せていただきました。

ずっとお手伝いをさせていただいている、店主としては

その表現の変遷を目の当たりにしてじんわりとその日々を思い起こします。

さまざまな変化と向き合い、続ける事の大切さと大変さを思いながら

またつぎの制作へきっと向かっていることでしょう。

これからの、阿部桐子さんがとても楽しみです。

桐子文庫も、桐子さんコレクションの石も楽しい展示でした。

期間中開催いたしました、イベントにご参加いただいたみなさまに、

そして、阿部桐子さんにもあらためまして感謝です。
 

 

つづく展示は、

2018年5月22日 火曜日より、5月27日 日曜日まで、

遊佐治子(ゆさ はるこ)氏の展示を開催予定です。

#086 遊佐治子展「ありふれた日常のかけら」

時間 15時から22時(最終日は20時まで)

 

 

 

さらに、

2018年5月29日 火曜日より、6月3日 日曜日まで、

白岩裕子(しらいわ ゆうこ)氏の展示を開催予定です。

#087 白岩裕子展「森を彷徨う風」

時間 15時から22時(最終日は20時まで)

 

 

さらに、さらに

2018年6月6日 水曜日より、6月17日 日曜日まで、

團上祐志(だんがみ ゆうし)氏と山本亜由夢(やまもと あゆむ)氏の展示を開催予定です。

#088 團上祐志・山本亜由夢二人展「希う食卓」

時間 15時から22時(最終日は20時まで)

 

 

 

その他、まだまだあるイベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

 

最後に!

3では、2019年以降のギャラリー展示ご希望の表現者を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→info☆3gallery.net 

※お手数ですが☆を@に変えてご送信ください。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode