みちくさのつづき

Gallery Cafe 3ではひきつづき

新型肺炎ウィルスの感染拡大予防の観点から

特別営業時間での運営をつづけます。

営業時間と営業内容の一時的な変更をいたします。

営業時間 平日:(火曜から木曜)13:00から18:00まで

     週末:(金曜から日曜)15:00から21:00まで

お持ち帰り販売として、カフェの営業を行います。

o3njiのお菓子、珈琲ご用意しています。

北口のベーカリーカフェ「leaven」にもご協力いただき、

美味しいパンも並んでいます。

 

告知

2020年8月4日から営業時間の変更をいたします。

 

2020年8月4日 火曜日より、8月16日 日曜日まで

澤田万里子氏の展示を開催します。

 

時間 特別営業時間 

平日:(火曜から木曜)13:00から18:00まで

週末:(金曜から日曜)15:00から21:00まで
月曜定休(都合により休業、短縮もあり)

急な予定の変更などございますので、恐縮ですがあらかじめ事前のご確認を

よろしくお願いいたします。SNS等にて告知をいたします。

 

#150 澤田万里子展 依どころの景色


今回の展示は、澤田万里子さんの世界にご案内します。

鋳造という技術を使って制作を続ける澤田さん。

大切なのはその過程だと澤田さんは言います。

自分自身の原点を捉え、生きる依り所として在る繋がりや歴史の中で

「今、ここにいる」ことを意識する時、どのような景色が観られるでしょうか。

ぜひご覧いただきたいと思います。

 

澤田 万里子(さわだ まりこ)
東京生まれ


2014年 東京芸術大学美術学部工芸科卒業(鋳金専攻)
2016年 東京芸術大学大学院美術研究科 修士前期課程修了(工芸専攻鋳金研究分野)
2019年 東京芸術大学大学院美術研究科 博士後期課程修了(美術専攻工芸研究領域)
博士(美術)学位取得

展示、受賞歴
2013年 内藤春治賞(学内)
2014年 第43回伝統工芸日本金工展 21+部門入選(石洞美術館)
安宅賞(学内)
工芸都市高岡クラフトコンペティション2014 優秀賞
高岡2014クラフトコンペ AWARDS+(松屋銀座)
工芸都市高岡2014クラフト展(大和高岡店)
2015年 第8回佐野ルネッサンス鋳金展 入選(佐野市文化会館)
2016年 個展「日常、あたりまえのこと」(Gallery Café 3)
2017年 グループ展「彩る豆皿々展」(桃林堂青山店)
      グループ展「日々の空想」(art space morgenrot)
      個展「箱庭の中で」(Gallery Café 3)
      第9回佐野ルネッサンス鋳金展 入選(佐野市文化会館)
2018年 個展「バックグラウンドの景色」(Gallery Café 3)
2019年 個展「かさなる景色と時間」(Gallery Café 3)

      グループ展「日々の空想」(art space morgenrot)
      グループ展「音でつくる・音をつくる・かたちをつくる」(藝大アートプラザ)
2020年 個展「意味の余白に」(日本橋高島屋アートアベニュー)


作者website : https://www.marikosawada.com/

 

今回の展示につきましては、以下のような内容で営業いたします。

注意事項
今回の展示は、新型肺炎ウィルスの問題にともない営業時間及び営業内容の変更短縮をいたします。作者の在廊は基本的にございません。また、感染予防の観点から、手洗い(消毒)の慣行、マスクの着用のお願い、入場者数の制限(店内飲食も含)、換気を行う等の対策をいたします。展示作品に関して、通常より多く作品ご紹介の画像、動画をSNS上でも掲載いたします。作品ご購入のご希望は、メールにてお問い合わせをお願いいたします。時間のかかる方法ですが、作品の詳細をお伝えしながらご購入をお願いしたいと思います。お問合せ→3
 

twitter       

 

instagram

 

澤田万里子展の全作品、展示風景などは後日更新予定です。

今回は、 ARTBOXもございます!

 

 

さて、

みなさま、ご無沙汰しております。

壁面メンテナンスもなんとか間に合い、現在新しい展示とともに営業再開中です。

2020年夏以降の3もよろしくお願いします。

澤田万里子さんの3での展示は5年目となりました!

3の夏は澤田さんの展示とともにこの5年は歩んでいます。

大変ありがたいご縁をいただいています。

澤田さんもこの数年の変化の中で制作を続けてくれています。

例年行ってきた飲水思縁:茹涵さんとのお茶会がないのはとても残念ですが、

今年も、澤田さんの展示とともに夏を迎えられたことに感謝します。

 

遅い梅雨明けの後は一気に真夏になりました。

体と気持ちが変化についてゆけない店主であります。

暑いさなかもマスクの着用という日々、換気のためにドアも基本的には開けたままでの

営業です。涼しい状態で展示のご案内ができにくいのも申し訳ない気持ちです。

重ねて、営業時間の変更もご迷惑をおかけします。

本当は、8月から本来の営業時間に戻すつもりでおりました。

このところの状況も踏まえ悩みに悩みましたが週末の夜営業を少し増やすことにしました。

東京都からの要請もありますが、昨今の状況次第では

今後も変更せざるをえなくなるかもしれません。

みなさまには、どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

このところの店主はどうもうまく事が進みません。

店頭でのお話もぼやきになりそうなので、気をつけます。

 

さてさて、

先日まで開催いたしました、#149 山田 泰展 みちくさに

ご参加いただきましたみなさま、本当にありがとうございます。

作者、山田さんにも改めて感謝です。

今回の山田作品は、本当に散歩をしている気分になりました。

見慣れた街並みの中を縫うように歩き続けて、

景色と意識が渾然一体となってくる時があると、山田さんはおっしゃっています。

電線の絡まる空も、くねった道も身体の一部として

あるいは、身体こそは景色の一部としてバランスしながら存在している。

そんなことを山田さんのお話からも感じ、印象に残っています。

しかしながらすっかりそんなバランスを失いかけたこの世界で、

少しづつ狂いながらも、立って歩き続けてゆくのはむつかしそうです。

美術の力を借りながら、表現者たちの見ている先を肩越しに覗くようにして

世界と対峙してゆこう。

そんなことを考える日々です。

これからも、今ここ、も流れゆく変化の一部です。

家族との日々、表現者たちのとの日々、おいでいただいているみなさまとの日々。

慌ただしく、余裕なく流されているだけにも感じますが、

まだまだ、流れの中にはキラキラとしたものがたくさんあるはずです。

トウモロコシの甘みや、氷の冷たさや、コップの水滴、

蚊にさされの痒みにも、陽射しの暑さにも、水溜りの反射の中にも、

生きているという尊さにつながる何かが含まれているはずです。

それを信じて、感じてゆきたい。

そう思う店主であります。

 

 

 

3の過去展示の作品はこちらからご覧いただけます!

3展示カタログ

作品についてのお問い合わせは、コンタクトフォームより承ります。

ぜひ、ご覧ください!

ご注意!すでに販売、売約済みとなっている作品も掲載されております。

またお問い合わせの順に対応させていただきますので、

ご希望に添えない場合もございます。あらかじめご理解をお願いいたします。

 

 

今後の展示予定

2020年8月18日 火曜日より、8月30日 日曜日まで、

加藤 巧氏の展示を予定しています。

#151 加藤 巧展 光と祈りの閾値

 

 


2020年9月1日 火曜日より、9月13日 日曜日まで、

石川将士氏の展示を予定しています。

#153 石川将士展 Topology

作者website : https://www.masashi-ishikawa.com/

 

 

 

今後の展示日程その他おしらせはSNS等でもおこないます。

 

 



3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

Instagram→おさんじ

 

いつもご覧いただきありがとうございます。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode